8892 :日本エスコン(東1)2021年1集-新春号

2020年12月24日

株式会社日本エスコン

◆基本情報
事業内容:不動産販売事業、不動産賃貸事業、不動産企画仲介コンサル事業
※中部電力が筆頭株主
連結事業:不動産販売93(21)、不動産賃貸7(60)、不動産企画仲介コンサル1(77) <19・12>
上場: 2001.8
決算月:12月
社長:伊藤 貴俊
筆頭株主:中部電力2,298 (31.9)<20.6>

◆財務<連20.9>(百万円)
自己資本比率:27.8%
◆キャッシュフロー<連19.12>
営業CF:122
投資CF:-4,770
財務CF:10,501
現金等:22,413

◆業績<202012.24現在>

売上高営業利益営業利益率1株配
連17.1244,7247,04215.7%18
連20.12予77,00012,10016.0%38
連21.12予100,00014,00014.0%40
単位は百万円、1株当たりは円

◆株価<2020.12.24現在>
1株:848
時価総額:610億円
予想PER(倍):7.98 (6.78)
実績PBR:1.73倍
予想配当利回り(%)4.47 (4.71)

@私的見解:
2020年12月の予想が12/22に更新され、売上高、営業利益ともに下方修正された。配当は変わらず。ここ3カ月間の日足チャートは10月半ばを頂点に下降。その後は850-920程度の範囲で波打ちながら横ばい。数年間の数値をみると、売上高と営業利益は着実に増加している。予想配当利回りも4%以上あり魅力的。
四季報記事によると、分譲マンションは前期比18%増で増益路線。21年12月期も分譲マンションが引き渡し1000戸超想定。また、東京・南麻布において納骨堂永代使用権の販売と管理運営を開始。