四季報オンライン:スクリーニング(2020.12.19

2021年1月6日

会社四季報2021年1集新春号が発売され、このタイミングで改めてスクリーニングしてみようと思う。
バイデン氏の当選が確実と思われた11月に入ってからは、日経平均株価が上昇し、EV関連銘柄の株価も急上昇した。一方で、コロナ第三波の影響で年末年始はGOTOキャンペーンが一時停止される。2021年はどのような年になるのだろうか…。なかなか先が読めない状況である。

【今回のスクリーニング項目】
①本決算→増減率→売上高(%):10%以上
②本決算→増減率→営業利益(%):0%以上
③四季報データ→四季報最新号→上場年月

前回と同じ銘柄もあるが四季報の新春号に内容を更新している。また、今回登場した銘柄もちらほら。自分が購入できる株価は@1500円まで…なので、その条件を満たした銘柄の詳細を、次回以降まとめていく。

JALCOホールディングス
ITbookHLD
農業総合研究所
エスプール
SMN
イントラスト
日本エスコン
ファイズHLD
フィードホース ※新規追加銘柄
ピー・ビーシステムズ ※新規追加銘柄
チャーム・ケア・コーポレーション
Link-U ※新規追加銘柄
トビラシステムズ ※新規追加銘柄
ウェルスマネジメント ※新規追加銘柄

💡本ブログはあくまでも自分用の備忘録なので、株の購入は自己判断&自己責任で。